ulthar_wakusei

惑星ウルタールとは・・・

― 惑星ウルタール ―

地表の多くが水に覆われ、多種多様の生物が住むのを特徴とする惑星。
惑星誕生から数十億年にわたり様々な文明が築かれ、いつしか惑星の名は『ウルタール』と名付けられた。

 

『ウルタール』とは古代リビアヤマ語で「大きな球体」を意味していると、世界最古の文献である“ナコティカ”に記されている。
「ウル」が“大きな”を、「タール」が“丸い”を意味している。

 

ウルタール歴2220年となった現在では、<フェーレス>と呼ばれる猫に近い人型生物が地上の文明の中心となっている。
彼ら<フェーレス>の歴史は南レムリアにあるババ砂漠で、二足歩行を示す化石が発見されたことで明らかになった。

 

 

― フェーレス ―

 

猫に近い人型生物。惑星ウルタールの地上文明の中心。
フェーレスたちを捕食するアーデルとの生死をかけた戦いを日々繰り広げている。

フェーレスの起源については、様々な見解があったが、古生物学の権威モモ博士、
遺伝子学の重鎮クロ博士、更に歴史学の雄ミュウ博士の共同研究によって、現在ではフェーレスの誕生は約300万年前とされている。

 

 

― アーデル ―

 

異形の者たちの総称。その姿は様々で、一括りで説明することは出来ないが、共通しているのは、見る者の心を凍らせるほどのおぞましい容姿をしている点だ。
体長は小さいもので3mほど、最大で50メートル近くまで巨大化しているものもいる。

 

 

― CAT(Charge of All Territory) ―

 

異形の者たち(アーデル)と戦うためにフェーレスによって組織された。
本部は南氷大陸にあり、世界中に、「北アトランテ」「南アトランテ」「西ボリア」「北ボリア」「中央ボリア」「南ボリア」「東ボリア」「北レムリア」「南レムリア」「ムー」「ワンズ」の11の支部を持つ。

 

 

― 世界連合 ―

 

南氷大陸に本部を持つ、CATも所属する全フェーレスを統括するガバメント。
マウと言う金色のフェーレスを筆頭に11の大陸の代表により組織された最高議会が様々な決定を担っている。